GO BlogMURA
2018.01.14

イッタラ公式通販サイトが変わった背景…北欧ブランドの買収の話

kartio-iittala-turquoise_003
タイムリーなインタビューが。

スポンサーリンク

先日、新イッタラ公式オンラインショップ「iittala.jp」オープンというのを書きました。iittala(イッタラ)公式通販の運営が、株式会社スキャンデックスからフィスカース ジャパン株式会社に変わったという話です。

株式会社スキャンデックスの日本の代理店としての契約が終了し、本国でイッタラブランドを展開するフィスカース社(の日本法人)が直接販売するようになったということのようです。

というのを書いた矢先、こんな記事が出ていました。

フィスカースと代理店契約終了、スキャンデックスが危惧する北欧ブランドの買収ラッシュ | Fashionsnap.com

要約すると、
 ・スキャンデックス社は松屋の子会社
 ・イッタラ、アラビア、ロールストランド、レ・クリントの代理店として国内販売を担ってきた
 ・北欧ブランドは経営難で買収ラッシュが続いている
 ・フィスカース社が、イッタラ、アラビア、ロールストランド、ロイヤル コペンハーゲン、ウェッジウッドを買収
 ・買収後、コスト削減のために生産拠点を海外に移設
 ・買収後、観光スポットにもなっていた本国の工場を閉鎖
 ・買収後、100人以上の従業員をレイオフ
 ・などなどいろいろあって代理店契約終了
という感じ。

詳細は原文をご覧ください。

一方の見解だけという点は考慮して読んだ方がいいかなと思いますが、日本では人気で順調に見えるブランドも経営面ではいろいろあるんですね。そうした背景の変化が、プロダクトに対し悪い影響ではなく良い影響が出るといいなと思いますがどうでしょうか。

 
 
スポンサーリンク
関連記事
99_001

4000万曲の音楽聴き放題が4か月99円!?

SALE Black

開催中のタイムセールまとめ…ALESSI、ル・クルーゼ、GENSEとか

iittala Flora aqua_001

イッタラから特別アイテム「フローラ アクア」リリース

つい集めてしまったもの

2011年4月のランキング

teema-tiimi_001

日本食に合うティーマの特別シリーズ「Teema Tiimi(ティーマティーミ)」

新着記事

あ、やっと見つかった

momijiichi2018_001

もみじ市2018年公式サイトオープン、今年のテーマは「DISCOVERY」

factory zoomer-glass

ミナペルホネンのお店で辻和美展

a in tokyo_001

デザインあ展 in TOKYO、そろそろ始まる

uniqlo bedwear_001

ユニクロ「エアリズム」から寝具リリース

stelton2018ss_EM ultramarine_001

ステルトン「EM」シリーズに新色「ウルトラマリン」

この記事「イッタラ公式通販サイトが変わった背景…北欧ブランドの買収の話」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
東京2020オリンピック公式グッズ…豆皿はかわいいかも

1つ次
MoMAストアのウインターセール、第2弾がスタート…気になるものピックアップ
 
ryohinweek_pc