2017.04.11

Yチェア使っています

Y Chair CH24_001
ダイニングチェアとして。

スポンサーリンク

言わずと知れたHans J. Wegner(ハンス・J・ウェグナー)デザインの名作チェア「Yチェア」。正式名称は「CH24」。CHは、製造メーカーであるCarl Hansen & Son(カールハンセン&サン)のCHだと思います、たぶん。

インテリアショップの方とお話ししていても、

自宅ではYチェア使っています。

という方が本当に多い。

そして、

最後はYチェアに辿り着く。

というような話をいろんな方から聞きます。

ダイニングチェアは、長らく
eames shell side chair dsr001
イームズのサイドシェルチェア DSRだったのですが、一度は使ってみたい、使い込んでその実力を知りたいと思い、1年前くらいに一念発起して購入しました。

Y Chair CH24_003
購入直後、新品の時の写真です。最もスタンダードなビーチ材ソープフィニッシュ仕様。

Y Chair CH24_004
「Yチェア」という愛称の由来になっている特徴的な背。「鳥の叉骨」に見えることから、「WISHBONE CHAIR(ウィッシュボーンチェア)」と呼ばれることもありますね。

Y Chair CH24_005
座はペーパーコード。

多くの方の言葉通り、やっぱり座り心地は素晴らしいです。比較的長く座っても疲れない優しい椅子。もちろん感じ方は人ぞれぞれだとは思うのですが、万人にフィットするからこそ世界でこれほど愛用されているんだなと思います。誰が座っても90点というか。

Y Chair CH24_002
そしてこちらが約1年毎日使った後の写真。ぱっと見はあまり変わりません。

Y Chair CH24_006
アップにしてもそれほど目立つ変化はなし。少しテカりが出てきたかなーくらいの感じです。あとは、座のペーパーコードが自分の体形に合わせて馴染んで来た気がします。座り心地が少しづつ良くなっている感じ。

椅子を育てるって時間かかりますね。アームが飴色になって、座がクタっとしているいるYチェアを見かけると、早くあの域に達しないかなーと思ってじろじろ見てしまいます。きっと、オーナーにとっては座り心地最高なんだろうなと。1年でも十分愛着がありますが、自分で育て上げた暁には手放せない存在になっていそうです。

というわけで、おそらく世界で数十万番目にYチェアオーナーになり(Yチェアは累計で70万脚くらい売れているらしいです)、例に漏れず数十万番目の愛用者となり、夢中で育てている最中です。

 
スポンサーリンク
関連記事
kirikougei tray_001

岩本清商店の「ちょこっとトレー」とtoheのスコーン

muji-himefolk_review_001

コスパ抜群の無印良品「ヒメフォーク」が届きました

carlhansen ch23_001

「CH23」復刻!1日限りの特別バージョンを販売…さらに23%オフ

Noriyuki Yamamoto_Iwaigama_001

岩井窯・山本教行の箸置き

HENCKELS_HI_001

ヘンケルスのハサミ、届きました

carlhansen ch23_001

「CH23」復刻!1日限りの特別バージョンを販売…さらに23%オフ

新着記事
marimekko_001

「マリメッコ古着市2017」がツアー巡回中

MUJI HUT_002

深澤直人の国内初個展「AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展」開催

SALE red002

ACTUSのサマーセールは明日から…オンラインのプレセールは始まっています

ISETAN TARTAN_002

「ISETAN TARTAN」で買っちゃいました

Ultramarine Blue Water green_001

イッタラ「カステヘルミ ボウル」の限定カラー2色

GARAGE MARKET IDEE_001

イデーのガレージマーケット、と、イデーのセール

この記事「Yチェア使っています」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
三谷龍二の黒い木のボウル

1つ次
「日本・北欧・アメリカのマグカップ展」とか、「ヴィンテージ・ケメックスの展示販売」とか