2017.02.27 (2014年4月27日掲載記事の再掲です)

やちむん(読谷村北窯)・松田共司さんのお皿「藍 双葉」

Yachimun-kitagama-aifutaba_003
我が家に「やちむん」が増え始めました。

スポンサーリンク

やちむんは沖縄の方言で「焼き物」のこと。沖縄で作られる焼き物のうつわのことを指すことが多いようです。

最近だと銀座手仕事直売所や、原宿のインターナショナルギャラリービームスで行われた「2014 Okinawan Market」などで購入。少しずつ増えてきました。

そのうちの1つ。

Yachimun-kitagama-aifutaba_002

読谷村北窯というところのやちむんです。読谷村北窯は、宮城正享、松田共司、松田米司、與那原正守という4名の名工の共同窯なんだそう。

Yachimun-kitagama-aifutaba_004

これは松田共司さんの作で「藍 双葉」という柄です。

Yachimun-kitagama-aifutaba_005
これは別の読谷村北窯のお皿なんですが、中央に輪っかがあります。この輪っか、読谷村焼のシンボルで、ロゴマークのような存在なんだそう。

でも、わざと入れているわけではなく、重ねて焼く際に釉薬が落ちてできるもの。なので、一番上で焼かれたものには付いていないんです。

Yachimun-kitagama-aifutaba_001

この藍 双葉は、輪っかがないので一番上だったんでしょうね。

頑丈で、素朴で、日常使いにぴったりです。

やちむん(読谷村北窯)・松田共司さんのお皿「藍 双葉」 へのコメント

  1. マリア より:

    前のコメントのカッコの部分、
    (釉薬同士が重なるとくっつきます)間違いではありませんが、

    こちらの場合は、(普通に重ねて焼いたら、下の皿の釉薬に上の皿がくっつきます。)
    そのために、上の皿の高台のサイズに下の皿の釉薬を抜いてあります。

  2. usa より:

    いつも更新楽しみにしています。
    パルコでの日本酒イベントで、noritakeさんのワンカップがあるようです。
    お知らせまで。

  3. 22blog(管理人) より:

    usaさん
    お返事多くなってすみません…。
    完全に見逃しました。
    せっかく教えていただいたのに…申し訳ないです…。

 
スポンサーリンク
関連記事
factory-zoomer_hana_003

factory zoomer(辻和美)の「花」ロックグラス

SERIES 7 SEVEN CHAIR FRITZHANSEN Arne Jacobsen_0001

セブンチェアを使って5年

iittala-frutta-amethyst_001

スコープ別注カラーのイッタラ「フルッタ」届きました

ARNE & CARLOS_001

ARNE & CARLOS(アルネ&カルロス)のクリスマスボール

品薄? 柳宗理のオリジナルファブリック製品を求めて

ウッドプレートは柳宗理のものを使っています

新着記事
AKOMEYA TOKYO03_001

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)の3店舗目、9月9日(土)にオープン

ultima-thule-bowl-115mm_001

イッタラ「ウルティマツーレボウル115mm」が廃番…市場在庫もわずか?

kartio-iittala-turquoise_003

イッタラ カルティオの「ウォーターブルー」が復刻…「アクアブルー」に

MONO PE01 mojinashi_001

文字なしの「MONO消しゴム」発売

Watanabe Riki popup_001

限定品がスゴイ…「渡辺力 ポップアップショップ」開催

ginza-teshigoto2015

9回目の「銀座・手仕事直売所」、概要発表!

この記事「やちむん(読谷村北窯)・松田共司さんのお皿「藍 双葉」」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
FRUCTUS「春の新色」グラノーラ缶、発売

1つ次
8年かけて製品化された釜定の「南部鉄器ケトル」