GO BlogMURA
2009.05.07

建築家Kさんとの打ち合わせ第2回目その2~ラフプラン見せてもらう

インタビューが終わったところで、「ボリュームチェック用にラフプランを作ったので見てみてください」と建築家Kさん。ボリュームチェックとは「土地の広さや制限を考えると大体これくらいの建物になるよ」というのを確認することのようです。

k_1st_500
じゃん。

設計事務所Fのファーストプランとは全

スポンサーリンク
く違います。畳数だけ見ると3階がかなり狭いですが、これは2階からつながる大きな吹き抜けがあるため。設計事務所Fプランだと2つあったトイレも、2階に1つだけです。

「これはあくまでボリュームチェック用。本プランはゼロから作っていきます」と言われましたが、正直、この時点でかなりイイ。これをベースにインタビューの内容を反映して行けばよさそうと伝え、そうしてもらうことにしました。

その後、話は賃貸スペースについてへ。女性限定ワンルームとして貸し出すかなーくらいに思っていたのですが、Kさんからは「事務所やアトリエとして貸し出してはどうですか?」との提案が。

■駅から近い立地なのでニーズはある
■事務所貸しなら夜間は人がいない
■賃料が多少高めになる
■バスの設置が不要で設備代が抑えられる
■「Kさんの作品」ということですぐに入居者が決まる

特に最後のポイントが重要。東京R不動産-タカギプランニングオフィスなどデザイナーズ物件を扱う不動産屋さんとつながりがあるので、良顧客を紹介してもらいやすいそう。「都内で有名建築家の作品が貸しに出たらすぐ連絡して欲しい」と待っている顧客が一定数いるらしいのです。このメリットは他ではなかなか得られそうにありません。

といったところでタイムアップ。2週間後の再打ち合わせを約束して別れました。

さーて、設計事務所Fと建築家Kさん、どちらにするか。悩む日々が始まります。

 
 
スポンサーリンク
関連記事

洗面・脱衣スペースの床材選び…LDKの続きかサニタリーか

内装仕上げ最終確認会その2~面材、ドアの塗装、タイルを最終調整

見た目スッキリなキッチンを求めて

あきらめたこと

建築家Kさんとの打ち合わせ第5回目その2~基本設計完了

ここまできて外観変更!? 建築確認申請で指摘を受けました(続き)

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「建築家Kさんとの打ち合わせ第2回目その2~ラフプラン見せてもらう」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
建築家Kさんとの打ち合わせ第2回目~インタビュー

1つ次
土地の引渡しが無事に終わりました…でも心配
ryohinweek_pc