GO BlogMURA
2010.06.07

国産家具「CONDE HOUSE」(カンディハウス)のショールームに行って来た


きっかけは新宿高島屋の家具コーナー。北欧家具やモダンインテリアを扱う一角があるので覗いていたら、ちょっとピンとくるソファを発見。

スポンサーリンク


フレームがウォールナットで、ちょっと浮いたように見える脚周りのデザイン。なかなかイイ。「CONDE HOUSE」(カンディハウス)というブランドだそうです。

店員さんに話を聞くと、西新宿にショールームがあるとか。


というわけで足を伸ばして行って来ました。


こちら、新宿高島屋にあったもののレザータイプ。


正面から。


こちらは新宿高島屋にあったもののサイズ違い。新宿高島屋にあった方が2350mmで、こちらが2050mm。買うならこっちの2050mmですね。ただ、そうなるとちょっとバランスが崩れ、アームレスト部分が大きく見えます。


こんなモデルもありました。


一番いいなと思ったのは、さらに別のこのモデル。


正面から。


横から。


直線的なデザインの脚フレームですが、木製なのでモダン過ぎないのが好み。これちょっといいのでは。

なお、「CONDE HOUSE」(カンディハウス)は旭川の木工メーカー。世界のデザイン市に出展するなど、世界を視野に入れた展開をしているそう。確かにデザインはモダンですが、作りは日本的。品質やアフターメンテという意味では信頼できそうです。

まあその分お値段もそれなりでして、

新宿高島屋にあったもの(ファブリックタイプ)
 2350mm 37万1700円~
 2050mm 33万1800円~

ショールームで一番いいなと思ったもの
 2315mm 48万900円~

とまあ、一流価格です。

ネットで情報を見る限り、会員割引やらHM割引やらセールやらがあるそうなので、多少安くなるルートはありそう。いざ買うなら研究せねば。

国産家具「CONDE HOUSE」(カンディハウス)のショールームに行って来た へのコメント

  1. MONO より:

    こんにちは。
    CONDE HOUSE国産の有名メーカーですよね!
    好みと違うかもしれませんが国産では、
    福岡のRitzwell(リッツウェル)も良いと思います。
    確か東京にもショールームがあるかと。

 
 
スポンサーリンク
関連記事
askul journal_standard_furniture_001

ASKUL × ジャーナルスタンダードファニチャーの共同企画のオフィス家具シリーズ

4550002440985_01_1260

無印良品の家具にウォールナットバージョン登場

tripp-trapp-Oak_001

トリップトラップの限定モデル「オーク」が定番化

ハーマンミラーセレクトの第1弾は?

カリモク60「Kチェア」にブランド初の本革仕様登場!

GETEMA1

NOyes(ノイエス)のソファがお手頃価格ながらイイらしい

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「国産家具「CONDE HOUSE」(カンディハウス)のショールームに行って来た」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
ハイセンスな”衣類掛け”見つけた!

1つ次
ビルトインオーブンレンジの夢、捨て切れず
ryohinweek_pc