GO BlogMURA
2009.03.29

建築家の事務所、初訪問その2~予算オーバー発覚

この記事からの続きです。

土地を既に申し込んだことを伝えたところ、広さ、形状、立地、方角等は問題ないとのコメントをもらえました。ただ、取得費用が問題に。土地を当初の予算を超

スポンサーリンク
えた額で取得してしまったため、このままだと建物にかける費用が足りないということが判明してしまったのです。

over_500

メールで問い合わせた時点で土地+建物の総予算は伝えていたのですが、建築家Kさんは、

土地 : 建物 = 5050

ならイケるとプランニングしてくれていたよう。しかし自分たちが契約した土地の価格を総予算に当てはめると、

土地 : 建物 = 6040

になります。建築家Kさんが手掛けている標準レベルの住宅を建てようとすると、かなりの額が足りない状態でした。

悲しい事実が発覚し意識が飛びかけているところに、不動産屋Tさん登場。紹介してくれようとしていた土地は、やはり契約した土地よりかなり安い額の物件ばかり。
 
 
ヤバイ、ヤってしまったかもしれない…。
 
 
その後の協議で導き出した今後の選択肢は、

1:手付金100万円を放棄して土地の申し込みをキャンセルする
2:よりたくさん融資してくれる金融機関を探し、ローン額を増やすことで総予算を増額する
3:親に借りるなどして総予算を増額する

というところ。あとまあ、建築家Kさんの前では言いませんでしたが

4:建築家Kさんと建てることを諦める

というのもありますね。というか、この時点ではこれが最有力…。

結局、2時間半くらい事務所にお邪魔していたのですが、予算オーバーの事実が衝撃過ぎて後半は何を話したのかよく覚えていません。

「予算を超えた土地を申し込んだのが間違い」と言われればそれまでなのですが、建物費用として十分な額は残しているつもりでした。それまで付き合いのあった4社の不動産屋さんに相談し、相場として教えてもらっていた額に、さらに+500万したくらいの額だったからです。それでも足りないなんて…。

相談した不動産屋の情報が間違っていたのか?
建築家Kさんが高いのか?

判断に迷った自分たちは、事務所をあとにしたその足であるところに向かいました。その話はまた後日。

 
 
スポンサーリンク
関連記事
palcon[1]

ハウジングメーカーのプランも一応見てみた~大成建設「Palcon」(パルコン)とパナホーム

keiyaku[1]

決断しました~建築家Kさん or 設計事務所F?

zaikei

【住宅ローン事情】増額した住宅ローン審査に通りました! これで建築家Kさんへの依頼も可能に

next_500

次の一手~コストコントロールが売りの設計事務所に当たってみる

who_500

誰と建てるか?

town_500

建築家の事務所、初訪問

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「建築家の事務所、初訪問その2~予算オーバー発覚」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
建築家の事務所、初訪問

1つ次
「OZONE家づくりサポート」に行ってきた
ryohinweek_pc