2010.05.10

TIME & STYLEでまたまた有力候補となるソファに出会いました


ソファ探し行脚を続ける我が家。BoConcept(ボーコンセプト)銀座店に続き、東京ミッドタウン内にあるTIME & STYLE MIDTOWN(タイム アンド スタイル ミッドタウン)に行ってきました。

入り口から奥まで、ゆったりと展示されています。


スタイリッシュでモダンな印象の「EDWARD」。


カバーリング仕様の「AUTUMN」。


GILBELTO」。このファブリックの質感、好きです。この記事の一番上の写真もGILBELTO(1シーター)。


カジュアルな印象の「NICOLA」。


JEAN-LOUIS」。リビングだけで20畳位あるなら迷わずこういうのにしたい(我が家はLDKで20数畳)。


LINATE」。これも広いリビングだと映えそう。

そして、タイトルに書いた「有力候補となったソファ」はこれ。一番奥のスペースに展示されていた「TRIESTE」。

その特徴はなんと言っても、ロー。低いです。


と言っても床ベタ置きではなく、スチールの脚があります。なので浮遊感はちゃんとある。低重心な印象ながら重過ぎない。このバランスのソファは初めて見たかもしれません。


別の角度から。キッチンやダイニングからはこのアングルで見ることになると思います。存在感はしっかりありながら、低いので視線のヌケがいい。うーん、いいかもしれないこのソファ。

座り心地も快適で、家族3人座ってもゆったり。床に近いので、自然と足が伸ばせます。身長の高低差の激しい我が夫婦ですが、どちらもしっくりきました。

アームレストの面積もしっかりあるので、もたれかかったり枕にしたりも快適そう。

ブラック系ファブリックは2種類ありました。

左がランク1で、25万4100円。右のランク2だと27万4050円。

BoConcept「I.D.V.2」よりは高く、深澤直人×マルニ木工「HIROSHIMA」よりは安い。うーん。難しい3つ巴になりました。。。

TIME & STYLEでまたまた有力候補となるソファに出会いました の関連情報

名作ソファGETAMA(ゲタマ)「GE290」の実物を見に行ってきました

デザインコレクション@松屋銀座、22年振りのリニューアル

mina perhonen Tendo

ミナ ペルホネン×天童木工のロッキングチェア!

Ulmer Hocker(ウルマーホッカー) が届きました

セールは嬉しいけれど…残念

Living Office

Herman Miller(ハーマンミラー)「Living Office」の壁紙、配布中

REPUBLIC OF FRITZ HANSEN STORE AOYAMAに行ってきました

nendo-BoConcept_000

nendo × BoConcept(ボーコンセプト)の家具コレクション!

hhstyle.com新店オープン記念のSAKURA色のDSR & パントンチェア

muji_electronics_001

無印良品、深澤直人監修のキッチン家電ニューラインナップ発表

コメント投稿 ▼投稿フォームを開く