GO BlogMURA
2010.05.10

TIME & STYLEでまたまた有力候補となるソファに出会いました


ソファ探し行脚を続ける我が家。BoConcept(ボーコンセプト)銀座店に続き、東京ミッドタウン内にあるTIME & STYLE MIDTOWN(タイム アンド スタイル ミッドタウン)に行ってきました。

スポンサーリンク

入り口から奥まで、ゆったりと展示されています。


スタイリッシュでモダンな印象の「EDWARD」。


カバーリング仕様の「AUTUMN」。


GILBELTO」。このファブリックの質感、好きです。この記事の一番上の写真もGILBELTO(1シーター)。


カジュアルな印象の「NICOLA」。


JEAN-LOUIS」。リビングだけで20畳位あるなら迷わずこういうのにしたい(我が家はLDKで20数畳)。


LINATE」。これも広いリビングだと映えそう。

そして、タイトルに書いた「有力候補となったソファ」はこれ。一番奥のスペースに展示されていた「TRIESTE」。

その特徴はなんと言っても、ロー。低いです。


と言っても床ベタ置きではなく、スチールの脚があります。なので浮遊感はちゃんとある。低重心な印象ながら重過ぎない。このバランスのソファは初めて見たかもしれません。


別の角度から。キッチンやダイニングからはこのアングルで見ることになると思います。存在感はしっかりありながら、低いので視線のヌケがいい。うーん、いいかもしれないこのソファ。

座り心地も快適で、家族3人座ってもゆったり。床に近いので、自然と足が伸ばせます。身長の高低差の激しい我が夫婦ですが、どちらもしっくりきました。

アームレストの面積もしっかりあるので、もたれかかったり枕にしたりも快適そう。

ブラック系ファブリックは2種類ありました。

左がランク1で、25万4100円。右のランク2だと27万4050円。

BoConcept「I.D.V.2」よりは高く、深澤直人×マルニ木工「HIROSHIMA」よりは安い。うーん。難しい3つ巴になりました。。。

 
 
スポンサーリンク
関連記事
askul journal_standard_furniture_001

ASKUL × ジャーナルスタンダードファニチャーの共同企画のオフィス家具シリーズ

BOTE-SUTTO_2_001

深澤直人 × 益子焼の器「BOTE & SUTTO」オンラインでも販売中

haier AQUA TZ_001

深澤直人デザインの冷蔵庫、AQUAからリリース

インテリアショップのセールが続々スタート

壁掛け時計は1つを永遠に使いたい

ソファの候補は現在4つ

新着記事
MUJI DESIGN EVENT_001

無印良品で「デザイン・サイクリングマーケット」開催

hamadagama Vintage_002

濱田窯のヴィンテージ作品を買いました

And Plaza Marke_001

ゲスト豪華…『&Premium』によるマーケットイベント開催中

bug

スコープさんのバグ企画…2つで1つ分の価格に

muji-clock-seiko-standard_002

まもなく終了…無印良品の名作時計が期間限定価格に

fuku-ya_garakuta_001

赤字価格で放出!?「第6回フクヤ北欧ガラクタ市」

この記事「TIME & STYLEでまたまた有力候補となるソファに出会いました」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
Venta(ベンタ)社の加湿&空気清浄機を買いました

1つ次
深澤直人×マルニ木工のソファを見に「MARUNI TOKYO SHOWROOM」に行って来ました
ryohinweek_pc