GO BlogMURA
2010.08.21

フラット35Sの1%金利引き下げ優遇が1年延長されるようです


我が家にとって、とても大きな味方となったフラット35Sの金利引き下げ幅拡大。通常0.3%引き下げのところが1%引かれます。

今月、2010年8月のフラット35ローン金利2.23%。当初10年間はここから1%が引かれ1.13%になる、という制度です。

これにより、我が家の月のローン支払額は数万円下がりました。本当に助かった政策です。

これまでは今年中(2010年12月31まで)に申し込んだ人が対象だったのですが、来年度末(2012年3月31日)の受付まで延長されるようです。

「フラット35」の金利優遇延長 11年度末まで

国土交通省は住宅金融支援機構と提携して民間金融機関が扱う長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の金利優遇措置について、適用期間を現行の今年12月末から2011年度末まで1年3カ月延長する方向で検討に入った。省エネ住宅などを対象に当初10年間の金利を1%下げるもので、景気の先行き不透明感が強いなか、優遇措置を続けるべきだと判断した。
日本経済新聞

「検討に入った」なので確定ではないですが、この手のものは発表された時点でほぼほぼ間違いないかと。

最初、上記の日経の記事タイトルを見たとき「10年間だったのが11年間になったの!?」と期待したのですが勘違い。というか都合の良過ぎる誤読ですね。

受付期間が延びたという意味なので、自分たちを含むもう適用されている人には関係ない話。これから家作りをされる方にとっての朗報ですね。「優遇されるのは今年中だから」と急ぐ必要がなくなりそうです。

フラット35Sの1%金利引き下げ優遇が1年延長されるようです へのコメント

  1. DE DE HOUSE より:

    こんばんは。我が家も「フラット35S」狙いで行ってますが、
    まだ申請前の段階なので、時期が延びそうというのは、
    単純にゆとりもできることになるので有難いですね。
    さらに、固定(10年限りですが)1%前半なんて、まるで変動と変わらないですから、
    益々水道橋の方向に向けて「ありがたやありがたや」と拝まなくては(笑)。
    我が家は来年の6月頃に竣工予定ですが、金利はこの先どうなることやら。
    なんとなく、まだまだ上がりそうも無い気配を感じます(希望)。

  2. 東黒21 より:

    これから建てられる方にはまさに朗報ですよね。
    当分の間は金利も上がらなそうなので変動でもよさそうですが、20年後も今の水準かと考えるとちょっと不安。
    おっしゃる通り、10年間は変動と変わらない1%前後の金利、その後は2%前半で25年固定という今の「フラット35S」はベストチョイスのように思います。

    こうなると知っていればミックスではなく全額「フラット35S」にしたのになー(悔)。

関連記事

レーシックを受けると住宅ローンを組めなくなることがあるらしい?

2011年2月のフラット35ローン金利は…

2011年1月のフラット35ローン金利は…

朗報!フラット35Sの金利引き下げ幅が0.3%から1.0%に拡大

素人予想…12月のフラット35金利は2.31%?

2010年8月のフラット35ローン金利は…

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「フラット35Sの1%金利引き下げ優遇が1年延長されるようです」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
住宅ローン金利、9月はさらに下がる?

1つ次
新築祝いで磁器作家イイホシユミコさんの食器を