GO BlogMURA
2009.12.13

お願いしている建築家の完成作品を見せてもらいに行ってきた


雑誌や作品集のファイルでは何度も見ている建築

スポンサーリンク
家Kさんの作品ですが、実物は1軒しか見たことがありません。それも外観だけ。一度内部も含めて見せてくれるところはないか、とお願いしていました。

すると最近建ったばかりの作品の施主さんが見学OKをくれ、見せてもらえることに。

・我が家と同じく外観が黒
・我が家と同じく木造3階建て
・我が家と広さがほぼ同じ
・我が家と間取りの共通点が多い
・我が家と同じ床材・壁紙を使っている

と、非常に共通点が多い作品です。非常に参考になります。

では、お邪魔してきた感想を箇条書きで。

■これまで見てきた建売物件とはグレードが違う
当然ですが段違いに上。

■一方で、住宅展示場のモデルルームとも雰囲気が違う
なんというか、プロダクトではなく作品な感じ。

■外壁は真っ黒の素材を選ばないと、陽によってかなり明るく白っぽく見える
これは大きな発見でした。建物に近づくまではっきり黒とは見えなかった。聞くと、若干グレーに近い黒の外壁材を採用しているのだとか。「黒い塊」を目指す我が家としては、より濃い色にしたいところ。

■リビング+ダイニングで20畳は広くない
いや決して狭くはないんだけど、だだっ広いのをイメージしてると間違ってしまう。必要十分な広さ、という感じ。空間のボリューム感を掴めたのは大収穫。

■窓の位置、数はとっても重要
開口部の設け方のコンセプトは我が家と大きく違い、かなり多めに大きく設けられていました。好みだと思いますが、私たちはやはりそこは違和感アリ。数は少なく数箇所にし、その代わり1箇所の面積を大きくするのが好きだと再確認。

■床材、壁紙が◎
実物を見れてよかったー。同じにすれば正解と思う。

…などなど、ホントいろいろ参考になりました。と同時に、「もう住めるのか。いいなー」と羨ましくもなり。

今日見た感覚を頭に焼き付けつつ、設計に反映していかねば。特に「意外とコンパクト」ってのを忘れぬように。イメージだけは、いつの間にやら大豪邸になってしまうのですよね。

 
 
スポンサーリンク
関連記事

洗面・脱衣スペースの床材選び…LDKの続きかサニタリーか

内装仕上げ最終確認会その2~面材、ドアの塗装、タイルを最終調整

見た目スッキリなキッチンを求めて

工事請負契約の契約日が決まりました

Ⅱ型キッチンのユニットの間隔に悩む

f_1st_500

設計事務所Fとの打ち合わせ第2回目~ファーストプラン完成

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「お願いしている建築家の完成作品を見せてもらいに行ってきた」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
朗報!フラット35Sの金利引き下げ幅が0.3%から1.0%に拡大

1つ次
北欧インテリアショップ「ILLUMS」(イルムス)のアウトレットショップがお台場にオープン
ryohinweek_pc