2017.03.19 (2014年10月7日掲載記事の再掲です)

つくも窯・十場天伸さんの4寸皿

juba-tenshin_001
ちょっとこのお皿には因縁がありまして。

スポンサーリンク

今年の初めごろに、つくも窯・十場天伸さんのスリップウェアを買いました。4寸皿。直径12.5cmくらいです。

juba-tenshin_002
この色、この模様、他にはないですよね。ひと目で印象に残る強さがあります。

juba-tenshin_003
juba-tenshin_004
juba-tenshin_005
買ってだいぶ経つのでいろいろ使っている写真があるだろうと思って探してみたら、甘いものばっかりでした(笑)。

それはそうと、このお皿、初めて出会ったのは5年くらい前でした。当時、いいなあと言ったのは夫。ただ、そのときは夫婦の意見が合わず。食器は合議制で買うかどうかを決めるルールのため、購入には至りませんでした。

それが今年、「このお皿いいよね」と妻。「えー!それ前に…」、「やっぱり覚えてた?」…といったやりとりがあり、5年の時空を超えて合意に至り、ついに我が家にやってきたのでした。

これにより我が家は「スリップウェア解禁」となりまして、少しずつですが増えていっています。どちらかが数年後に追いつくパターンの場合、先行してた方がその間に「気になる」をいっぱい貯めているので、買っていくペースが早かったりします(汗)。

つくも窯・十場天伸さんの4寸皿 へのコメント

  1. ムラカミ より:

    いつも楽しく拝見しております。
    このスリップウェアの柄、僕も何かで知ってから数年間探していました。
    スリップウェアはたくさんあるものの、この皿の柄と色合い(虎模様?)がなんとも言えません。
    一目惚れです! また探す意欲が湧いてきました!

  2. 22blog(管理人) より:

    数年越し…同じですね!
    そうそう。個の柄は特にいいですよねー。
    ぜひ見つかるといいですね。
    我が家ももう少し大きいサイズを狙っています。

 
スポンサーリンク
title
関連記事
peterivy_kobo_maru_001

Peter Ivy(ピーター・アイビー)「KOBO」シリーズの「maru」

Y Chair CH24_001

Yチェア使っています

mitaniryuji_woodbowl_001

三谷龍二の黒い木のボウル

Kamakura_AKIMOTO_004

3年ぶりの出会い

ドーのカラフェ…「ドーのクラフト展」で買ったもの

Yachimun-kitagama-matsuda-kyoushi_003

やちむん(読谷村北窯)・松田共司さんのお皿その2

新着記事
muji-clock-seiko-standard_001

無印良品「デジタル時計」とセイコー「STANDARD デジタル」を比べてみました

vogel-radio-meter_002

ドイツ・Vogel(フォーゲル)社のガラスのラジオメーター、2つ目

ames Children's Stool_vitra_001

廃版になってしまったEames Children’s Stool(イームズチルドレンスツール)

shiseido gold_001

「花椿ビスケット」創業115周年記念缶はシャンパンゴールド

ジャスパー・モリソンデザインの木の椅子みたいなプラスチックのチェア

YANAGIMOTO KOICHI ARCHIVISTS VISION_01

「柳本浩市展 アーキヴィストー柳本さんが残してくれたもの」展、これは行かなきゃ

この記事「つくも窯・十場天伸さんの4寸皿」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
カンディハウス東京、新宿から青山に移転…展示品処分セールも

1つ次
デルタ航空が機内食テーブルウェアにアレッシィを採用
title