GO BlogMURA
2009.05.20

建築家Kさんとの打ち合わせ第3回目~設計監理契約

建築家Kさんの事務所に3回目の訪問です。これまでは子供を親に預けて夫婦2人で行っていたのですが、今日は子連れで訪問。優しく迎えてくれたので一安心です。
green3

この日のメインは設計

スポンサーリンク
監理契約。事前に送ってもらっていた契約書に、ハンコを押します。

契約書と一緒に事前送付されていたのが全体スケジュール。それによると、

・設計は秋ごろまで
・着工は来年
竣工は来年の夏

という感じ。建つのは1年以上先かー。つなぎ融資の利息という面では辛いですが、家作りをたっぷり楽しめるという面ではいい長さです。真夏の引越しになるんだなあ。

あと、スケジュール表の中に「撮影」「取材」などのワードが。この段階から当たり前のように入っているんですね…。

契約書は事前に散々読み込んでいた(その手の話が得意な夫が、気になる点の変更を依頼済み)ので、すんなりハンコを押して契約成立。晴れて「建築家と建てる」のスタートラインに立ちました!

打ち合わせ後半は、本格的なプラン出しに向けて建物の方向性の話し合い。

まず外観については「家っぽくない」「シンプルな」「箱型の」「装飾を排除した」「直線的な」「生活感のない」といったイメージを伝えます。Kさんがさらにそこに「マッシブな」というのを追加してくれました。マッシブという言葉を知らずその場では理解できなかったのですが、「大きい、重い、どっしりした、塊状のなどの意味があり、量感のある構造物に用いる言葉」だそう。そうそう、そういうイメージです。

cube

結論としては、ガルバリウム鋼板を外壁材に用いて、色は黒で統一するのがいいのではという話に。コンクリート打ちっぱなしか真っ黒が希望だったので無問題。黒い塊を目指すことで方向性は固まりました。

一方の内側は、とにかくメインとなるLDKを広く開放的な空間にしてもらうようお伝えします。日当たりも重視。黒い外観とは打って変わって、どちらかというと明るいイメージなので白が基調になります。

今回はイメージを伝えた段階で終了。次回、正式な初回提案をいただくことになって解散しました。なお、初めて事務所を訪問した息子は、人見知りしてずっとモジモジしてた挙句、途中でお昼ね突入。やんちゃっぷり(というか、暴れっぷり)を見てもらって、考慮したプランにしてもらおうと思ってたのに…。こんなおとなしい子じゃないんです、いつもは。

 
 
スポンサーリンク
関連記事

洗面・脱衣スペースの床材選び…LDKの続きかサニタリーか

内装仕上げ最終確認会その2~面材、ドアの塗装、タイルを最終調整

見た目スッキリなキッチンを求めて

あきらめたこと

天井埋め込み型エアコンは業務用にすべきか?家庭用にすべきか?

建築家Kさんとの打ち合わせ第10回目~エアコン、キッチン変更

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「建築家Kさんとの打ち合わせ第3回目~設計監理契約」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
決断しました~建築家Kさん or 設計事務所F?

1つ次
建築家Kさんとの打ち合わせ第4回目~基本プラン提案