GO BlogMURA
2016.02.08

【スウェーデン旅行記6】AsplundとStockholms Auktionsverk

sweden-trip_06_01Asplund_000
予定していたお店と、予定外のお店。

スポンサーリンク

【スウェーデン旅行記5】ふらりと入ったNORDISKA GALLERIETで

の続きです。

ストックホルムに行ったら行きたい、と思っていたお店の1つに向かいます。
sweden-trip_06_01Asplund_001
インテリアショップの「Asplund(アスプルンド)」。

1989年にスウェーデン人のミケーレ&トーマス・アスプルンド兄弟がギャラリーを作ったのが始まり。ストックホルムのデザインショップの中でも有名なところの1つだと思います。なお、日本にあるインテリアショップのアスプルンドとは別物。

sweden-trip_06_01Asplund_002
ディスプレイに「25年」の文字。

sweden-trip_06_01Asplund_003
店内には、スウェーデンのデザイナーのものを中心にデザイナーズプロダクトが無数に揃います。

sweden-trip_06_01Asplund_004
コードが張られているのはFLOSの「String Lights」ですね。

sweden-trip_06_01Asplund_006
あ、このダイニングシーンに使われているのはマルニ木工のHIROSHIMA アームチェアでは!

sweden-trip_06_01Asplund_005
コーディネートの設営途中ですが、こちらで使われているのは同じくマルニ木工のLightwood チェアですね。

遠く北欧のショップで日本のプロダクトを見るとなんだか嬉しくなります。

sweden-trip_06_01Asplund_007
そんなことを思っていると、雑貨コーナーにも日本のプロダクト。これ、SyuRoのブリキ缶です。

アスプルンドをあとにし、次の目的地はちょっと遠出になるので地下鉄に乗って…

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_001
と思って歩いていたら、何やら気になるお店の前を通りかかりました。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_002
Stockholms Auktionsverk」という旗が掲げられています。よく分からないけれど、気になったのも何かの縁。入店してみます。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_003
木の椅子。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_004
手仕事と思われる木工作品。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_005
こちらも木工の家具やプレート。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_006

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_007
地下に続く階段がありますが、その先には展示はなく、なにやら文字らしきものがぽつんと。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_008
2階から見ると「ZANAT」というロゴ。地下スペースはこのロゴを見せるためだけに使われていました。

あとから調べたところによると、「ZANAT」は「ザナット」と読む家具のメーカー。ボスニアの伝統的な木彫りを用いたプロダクトを作っているそう。そして、ここに展示されていた木の椅子などはスウェーデンのデザイナー・Monica Förster(モニカ・フェルスター)による作品でした。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_009
2階スペースにもZANATの家具。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_010

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_011
木彫りの細工。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_012
こちらは過去のアーカイブでしょうか。

帰国後に調べたのですが、「Stockholms Auktionsverk」はオークション運営会社の名前でした。ということは、この施設はオークションハウスで、そのギャラリースペースだったということでしょうか。1674年創設の世界最古のオークション運営会社、との表記もありました。

そうこうしているうちに時間はお昼過ぎ。おっとそろそろ行かなければ。

sweden-trip_06_02Stockholms Auktionsverk_013
次の目的地は長距離列車(?)に乗って移動です。

続く

【スウェーデン旅行記6】AsplundとStockholms Auktionsverk へのコメント

  1. こう より:

    北欧旅行良いですねー
    お子様も、真っ白な雪景色に大興奮ではないでしょうか。
    英語に強いと旅行も楽しめますね。
    綺麗な写真ばかりで、見ていてとても楽しいです。

  2. 22blog(管理人) より:

    コメントありがとうございます。
    英語に強いわけではないですー(汗)。
    ただ、現地の方が皆さん優しくて拙い英語でもなんとかなりました。
    人の暖かさも含めて、北欧すごく良かったです!

 
 
スポンサーリンク
関連記事
kurashinodougu maruni_001

深澤直人監修の「くらしの道具」展

MUJI yuurakuchou sale_001

無印良品 有楽町の閉店セールがすごい!すごい!

MARUNI HIROSHIMA OVERSEA_001

海外仕様のHIROSHIMAチェア、限定発売

DESIGNTIDE TOKYO2011&DESIGN TOUCH2011…お出かけ&買い物記録

深澤直人×マルニ木工「HIROSHIMA」シリーズのソファがすごく、すごくイイ

MARUNI-OSAKA_OUTLETSALE_001

初の大阪開催「MARUNI COLLECTION アウトレットセール」

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「【スウェーデン旅行記6】AsplundとStockholms Auktionsverk」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
富士山の手焼きせんべい

1つ次
「Design Week Kyoto ゐゑ 2016」開催
ryohinweek_pc