GO BlogMURA
2016.05.04

【スウェーデン旅行記9】グスタフスベリ陶磁器博物館とこの旅一番の失態

sweden-trip_09_iittala outlet_001
【スウェーデン旅行記8】陶器の街「グスタフスベリ」への続きです。

スポンサーリンク

「グフタフスベリアウトレットショップ」で買い物を終え、陶器の街「グスタフスベリ」での次の目的へ。

sweden-trip_09_iittala outlet_002
その場所はこちら。

sweden-trip_09_iittala outlet_003
Gustavsbergs porslinsmuseum」。

日本語で言うと「グスタフスベリ陶磁器博物館」です。

・Wilhelm Kage(ヴィルヘルム・コーゲ)
・Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)
・Lisa Larson(リサ・ラーソン)
などグスタフスベリでデザインした作家の作品をはじめ、ミッドセンチュリー期の器やアートピースを見ることができるミュージアム。建物はもともとグスタフスベリの工場だったものだそうです。

sweden-trip_09_iittala outlet_004
隣には「Bistro Gustavsberg(ビストロ グスタフスベリ)」というレストランを併設。

ここで貴重な作品とグスタフスベリの長い歴史を堪能…と思ったのですが、なんと、この日は16時で閉館! そして現在時刻は15:55。今から入ってもろくに見ることができずに閉館になるというまさかの展開。アウトレットショップを先に行っている場合じゃなかった。。。レストランも当然クローズ。

受け付けの方(優しいおじいさん)も大変申し訳なさそうに「また来なよ」と言って励ましてくれたのですが、その「また」がすごく難しいんです…。この旅最大の失態。下調べ、重要です、本当に。

時間切れでなす術なし…

sweden-trip_09_iittala outlet_005
と思ったら、ここは開いていました。イッタラのアウトレットショップ

イッタラはフィンランドのメーカーなのでこの街とあまり関係ないとは思うのですが、日本でもアウトレットショップは固まって出店されていたりするのでそういう感覚でしょうか。

sweden-trip_09_iittala outlet_006
こちらも物色。めちゃくちゃ広いです。広さはグフタフスベリアウトレットショップより広い気がします。

sweden-trip_09_iittala outlet_007
グラスやマリボウルが山積み。ホント、文字通りの山積みです。

sweden-trip_09_iittala outlet_008
Rörstrand(ロールストランド)のコーナーも。

そうこうしていると辺りはすっかり真っ暗です。不完全燃焼。完全に1日にあれこれ詰め込みすぎました。ファニチャーフェアとグスタフスベリは絶対日を分けるべきでした。。。

行き同様、帰路もバス。異国の地での夜の闇は結構怖いので後ろ髪引かれながら「いつかまた」を心に誓って陶器の街「グスタフスベリ」をあとにします。

が、ここでまたまた問題発生。帰りのバスのチケット売り場が見当たりません。

こちらのバスは、事前にチケットを買う仕組み(現地の方は専用のカードを使われていました)。乗るべきバス停は調べていたのですが、チケット売り場までは考えが及んでいませんでした。往復チケットにしておけばよかった…。

しょうがないので道行く現地の人に尋ねると、

ここから10分ほど歩いたところに売っているお店があるよ。

と教えてくれました(ちなみに、もっと時間が早ければグスタフスベリ陶磁器博物館の受け付けとかで買えたんですかね?と聞いてみましたが「売ってない」とのこと)。

というわけでその10分先のお店を目指します。

sweden-trip_09_iittala outlet_009
が、正直この10分がすごく怖い!暗闇&雪道ですし、道を教えてもらったとはいえ拙い英語によるもの。聞き間違えていたらアウトです。この道で合ってるのかなーの不安を抱えながら歩くのでドキドキでした。

運よく、10分ちょうどで教えてもらったお店に到着。写真右奥の明かりがついているところがそれ。よかったー。

無事にチケットを買い、目の前に乗り場もあり、バスに揺られてストックホルム市街地へ戻ります。

続く。

 
 
スポンサーリンク
関連記事
Stig Lindberg Kasa_001

スティグ・リンドベリの傘、発売

gustafsberg_jar_001

スティグ・リンドベリの製品がタイムセールに

gustavsberg-stig-lindberg-apoteken-pot_001

Gustavsberg(グスタフスベリ)の「APOTEKEN マスタードポット」を集めています

NO PHOTO

ELLE DECO(エル・デコ)最新号は北欧特集…数量限定スペシャルセットも

stig-lindberg-_001

「スティグ・リンドベリ展」開催と、西武百貨店の包装紙

gustafsberg_jar_002

グスタフスベリのジャー、4つ目、5つ目

新着記事
4550182219074_06_1260

無印良品からしっかりした「木製の棚」の家具が発売されています

q

ELLE DECO(エルデコ)2019年12月号の付録は欲しいやつ

IDEE Northern Europe_001

IDEE(イデー)でヴィンテージ家具の販売会

scandinavian living sale 1910_001

最大70%オフ!年に一度の「デンマークデザインセール」開催

carlhansen CH30_001

ウェグナーの名作椅子「CH30」復刻!日本限定の特別版もリリース

Found MUJI Portugal_001

無印良品の「ポルトガルのアルミやステンレスの食器」を見に行ってきます

この記事「【スウェーデン旅行記9】グスタフスベリ陶磁器博物館とこの旅一番の失態」のカテゴリー
おすすめカテゴリー
1つ前
買ってよかった…ドイツ製のちりとり

1つ次
かわいい!雲のスポンジ
ryohinweek_pc